We use cookies to personalise content and ads, to provide social media features and to analyse our traffic. Read more…
くりこま高原駅

くりこま高原駅

志波姫新熊谷, Kurihara-shi (Miyagi), 989-5612, Japan

Get Directions

Add phone number

Add link to website

Categories
Now OPEN
Work hours
MO 06:30 – 21:45 SA 06:30 – 21:45
TU 06:30 – 21:45 SU 06:30 – 21:45
WE 06:30 – 21:45
TH 06:30 – 21:45
FR 06:30 – 21:45
Restaurant services Reserve
Description くりこま高原駅(くりこまこうげんえき)は、宮城県栗原市志波姫新熊谷(しわひめしんくまや)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北新幹線の駅である。営業キロ数は東北本線新田駅を準用していて、乗車券部分については、当駅との選択乗車が可能である。歴史当駅は、地元(栗原郡内)自治体から、新幹線通勤に便利になるよう、請願して設置された「請願駅」である。駅建設時の仮称は「栗原登米」であった。当初は旧・栗原電鉄との交差点に、という案もあったものの、若柳町と築館町がお互い譲らず、中間に位置する水田に囲まれた、何もない地点に開業した。鉄道連絡は幻となった。年表 1990年(平成2年)3月10日:栗原郡志波姫町の駅として開業。 2005年(平成17年)4月1日:市町村合併に伴い、栗原市の駅となる。駅構造相対式ホーム2面2線を持つ高架駅。通過線が無いため、ホームが直接本線に面しており、列車が目の前を320km/hで通過することになるため、可動式安全柵を装備している。駅完成当時は、12両編成対応のホームだったが、現在はフル規格10両+ミニ新幹線規格7両の17両編成対応になっている。直営駅(駅長・助役配置)。東北新幹線の単独駅であり、管理駅でもあるが、当駅は自駅のみの単駅管理となっている。みどりの窓口(営業時間 6時30分 - 21時45分)、自動券売機(指定席券売機・えきねっと専用機を含む)、新幹線自動改札機、駅レンタカー営業所、待合室、土産屋、観光案内所がある。以前は「びゅう旅センター」が設置されていた。
  • 志波姫新熊谷, Kurihara-shi (Miyagi), 989-5612, Japan
  • Get Directions

Similar places nearby