We use cookies to personalise content and ads, to provide social media features and to analyse our traffic. Read more…
エルパティオ保育園

エルパティオ保育園

北土居3-2-25, Matsuyama (Ehime), 7911104, Japan

Get Directions

0899563325

Categories
Now CLOSED
Work hours
MO 07:00 – 20:00 SA 07:00 – 20:00
TU 07:00 – 20:00 SU closed
WE 07:00 – 20:00
TH 07:00 – 20:00
FR 07:00 – 20:00
About 「五感をはぐくみ、子どもたちの根っこを育てる」保育園。
ママのあったらいいな♪・・カタチにします
「ママが創る保育園」
預けるママも働くママもHAPPYに♡

愛媛県初の自然栽培米給
エルパティオ保育園 cover
Mission 子どもたちの「根っこ」をはぐくむ。「五感をはぐくむ」。自然栽培米給食の普及にも努めます
Description 【 経 営 理 念 】
すべての「女性」と「子ども」のHAPPYをサポートします

【 保 育 理 念 】
ママがHAPPYなら、あかちゃんもHAPPY

【 保 育 方 針 】
ママの「働きたい!」をサポートする
ママの「あったらいいな!」をカタチにする
子どもたちの五感をはぐくみ、太く力強い「根っこ」をはぐくむ

【 保 育 目 標 】
五感を研ぎ澄まし、生きる力をはぐくむ
自然栽培米をつかった食育
グローバルなコミュニケーション力をつける

■根っこをはぐくむとは
保育園で一番大切にしたいコンセプトは「根っこを育てる」こと。。

一本の「木」を思い出してみてください。
見ている部分は、幹だったり、枝葉だったり、花だったりしますが、それらを育み、ささえているのは、そもそもどこなのでしょうか。

外からは見えないけれど、地面の中には「根」があり、その「根」がすべてを育み支えているのです。
地中深く、太く伸びた「根」ならば、どんな環境であっても、時期がこれば、幹は育ち、枝葉は広がり、やがて「花」を咲かせ、次世代へ繋がる「種」を産むでしょう。

「根っこ」を育てることはたやすいことではないかもしれません。

でも、「愛してもらった」「大切にしてもらった」・・・・
そんな記憶があれば、「根っこ」はぐんぐん育つのだと思っています。

当保育園では、そんな「記憶」をご家庭と密に連携をとりながら、子どもの心の奥に遺していきたいと思います。
子どもたちの未来を、保護者のみなさまとともに繋げていけたらと思っています。

■五感をはぐくむとは
「五感(嗅覚・味覚・触覚・視覚・聴覚)」を研ぎ澄まし、人間が産まれながら持っている「生きる力」を育てます

そもそも、私たち人間は「ヒト科の動物」です。
「動物」であるならば、自然界と同じリズムで過ごしているのが、おそらく一番「自然で心地いい」のではないでしょうか。
そして、「自然と友達!」になれることこそが、「動物」としての私たちの「生きる力」を育むのだと思います。
風の向きを感じ、光の強さを知り、木々の香りを楽しみ、自然本来の味を味わい、そして、自然界に存在する、生あるものの声を聴く。

「五感」とは、生活の中で、カラダとココロの全身全霊を、自然界の声に耳を傾けることだと考えます。
私たちは、そうした視点から、「子どもの育ちには「メソッ ド」ではなく、日常的体験として様々な五感の刺激が 存在する生活が求められる」と考えています。

当園では、自然と人間との共存や循環を、「食」や「香り」など、五感を通して子どもたちに体感してもらい、「動物としての生きる力」を育むことに挑戦します。

■愛媛県初の自然栽培米給食
農薬・肥料・除草剤を使わず土を育て
すくすくと育つ環境で作物の能力を引き出す「自然栽培」。
安心で安全なだけではなく、味・香り・栄養が豊かです。

このような農法で育った、お米やお野菜を子供たちが食べることで、
カラダの中から健康になってほしいと思っています。

毎日食べたくなるごはん
なつかしい味のするごはん
命がつながるごはん。

「食べる」ことで「カラダ」「ココロ」「脳」を豊かに育て、日本の和食文化を「一汁一菜」で日々給食として取入れそしてなにより愛情込めた手作りのやさしさを伝えていきたいと思っています。

<給食監修>
森 嘉代
株式会社ハーモニープロジェクト 代表取締役/自然食アドバイザー

Similar places nearby