We use cookies to personalise content and ads, to provide social media features and to analyse our traffic. Read more…
阿左美駅

阿左美駅

笠懸町阿左美1057-4, Midori-shi (Gunma), Japan

Get Directions

Add phone number

Add link to website

Categories
Work hours Add information
Description 阿左美駅(あざみえき)は、群馬県みどり市笠懸町阿左美にある東武鉄道桐生線の駅である。駅番号はTI 54。歴史桐生線開業時には阿左美駅は設置されていなかった。1935年(昭和10年)ころ、阿左美沼の遊園地化を目論んでいた今井伊太郎が、東武鉄道社長の根津嘉一郎 にかけあい駅設置が認められ、1937年(昭和12年)に開業した。1954年(昭和29年)12月にはホーム拡張工事中に縄文時代の住居跡が発見され、発掘調査が実施され県史跡に指定された。昭和40年代になると赤字を理由とした駅の廃止が計画され、当時の所在自治体である笠懸村議会が、1971年(昭和46年)1月および1973年(昭和48年)7月の二度にわたり駅廃止反対の決議を行い陳情をした。 1937年(昭和12年)5月5日 - 開業。 1954年(昭和29年)12月 - ホーム拡張工事中に縄文時代の住居跡が発見される。 1955年(昭和30年)3月7日 - 3月9日 - 住居跡の遺跡調査が行われる。 1960年(昭和35年)3月23日 - 住居跡が群馬県指定史跡となる。駅構造単式ホーム1面1線を有する地上駅。駅舎・ホームは線路の西側にある。ホーム中ほどの群馬県道68号桐生伊勢崎線(桐生県道)寄りに、「阿左美縄文式文化住居跡」(群馬県指定史跡)という縄文時代の住居跡がある。利用状況2014年度の1日平均乗降人員は584人である。

Similar places nearby