We use cookies to personalise content and ads, to provide social media features and to analyse our traffic. Read more…
Tuesday
08
MAY

臨タイ】’面白いほど腑に落ちる’関節理解の基本の基本その1「総論」

14:00
17:00

Get Directions

Category
#var:page_name# cover

===================================================
5/8スタート!「関節理解の基本講座」第3シーズン
===================================================
複雑で難しい内容を、どう伝わりやすくするか、そしてそれを自分の技に落とし込むことができるか。

目指すのは池上彰先生w
試行錯誤の2クールでしたが、回を重ねるごとに私自身も要領がよくなり、少しずつ結果が出てきている、と実感しています。

人は、合点がいくと、キラキラした自信に溢れたなんともいい顔になります。
その顔をたくさんみることができてきたこの頃。
ますます楽しい講座となっています。

3クール目となる今回の募集。

5月からの開催になります!
受講して後悔しない講座になるよう、ますます工夫したいと思いますので、是非ご参加お待ちしております!!(石田 ミユキ)


***************************************************************
5/8スタート!「関節理解の基本講座」第3シーズン
***************************************************************
第一回目は総論です。
安定性とバランスについて理解を深めます。なぜなら、症状軽減にも、解剖学を施術に活かすにも、このことが分かると面白いほど理解が深まると思うからです。

カウンターバランス

の意味を、自分の身体で確認し、しっかり体得したいと思います。



...
胡坐を組んだ時、右と左で膝の高さが違うのは、どうしてですか? 左がいつも高いのです。

ヨガレッスンの生徒さんから聞かれる、ベスト3に入るような、よくある質問です。
「骨盤が歪んでいるから」と答えるセラピストやヨガインストラクターは多いかもしれません。
もちろん間違いではありません。

しかし、

「症状を軽減する」
「身体の歪みを整える」

を考えるなら、もう一つ説得力のある説明があると嬉しいですね。

「関節」の立場から答えると、正しくは

左の股関節が緊張している、から骨盤が歪むのです。

では、なぜ左の股関節が緊張しているのか?

それは、緊張させないと、安定しないからです。

もう少し言うと、何かの動作をする時に左の股関節を緊張させていないと、その動作ができないからそうしているのです。これが、「バランスを取る」という現象なんですね。

支点を取り力を出力する。安定を取り動きを作る。

この原理がちゃんと身体に叩き込まれれば、ひざ痛も、腰痛も、肩こりも、首の疲れも、かみしめ癖も、頭痛も、目の疲れも。。。

この講座に出ると、「何故、その症状が起こるのか」のメカニズムを考える自分の基軸、もっともシンプルな基本ができるはずです。

《第1回 総論》

【内容】
 ※座学っぽいですが、身体を使って理解を深めますので楽しいです!
・「二足歩行~頭蓋を足にのせる~」で合点がいく私たちの身体の構造と機能
・カウンターバランスとは?
・安定性とバランス・支点と出力の徹底理解
・10人10色の’クセと症状’のつながりを読む
・施術の体位と部位別アプローチの相性を理解する

【日時】2018年5月8日(火)14:00-17:00
※同日11:30-14:00 ストレッチ200講座開催 
http://blog.rinsho-thai.jp/?eid=420

【場所】オナモ(予定)

【対象】セラピスト

【定員】8名 最小開催人数4名

【受講料】
(単発)15,000円 (6回セット)72,000円※2年間有効。

※どの回からスタートしても対応可能です。
※2年間有効。どの回からスタートしても対応可能です。

【講師】石田ミユキ


***各テーマとスケジュール***

●第1回 総論「全ての症状に通じる基本の知識」
内容:「バランスの崩れ」の意味を知る。骨格と関節について
日程:2018年5月8日(火)14:00~17:0

●第2回 各論「下肢Ⅰ(足部)」
内容:むくみ、だるさ、足先の冷え、ハリが起こる理由と「60分で結果を出す」施術のポイント
日程:2018年6月の(火)予定。セット受講者で決定します。

●第3回 各論「下肢Ⅱ(脚部・股関節)」
内容:「歪み」の見立て。骨盤、ウエスト、O脚。。。股関節の動きと改善するための「使うべき筋肉」
日程:2018年7月の(火)予定。セット受講者で決定します。

●第4回 各論「体幹(骨盤、脊柱)」
内容:姿勢、腰痛、免疫力。重要な大腰筋と横隔膜を「解放する」ポイント
日程:2018年8月の(火)予定。セット受講者で決定します。

●第5回 各論「上肢(肩部)」
内容:肩こり、首、背中のはり。「縮んだ筋肉をラクにはがす」ための関節の動かし方
日程:2018年9月の(火)予定。セット受講者で決定します。

●第6回 各論「頭部(オロフェイシャル)」
内容:オロフェイシャルと神経。セルフアプローチで、頭、目、顔、耳、首、の疲れを拭う
日時:2018年10月の(火)予定。セット受講者で決定します。


※詳細およびお申込みはコチラ
http://rinsho-thai.jp/course/joint