We use cookies to personalise content and ads, to provide social media features and to analyse our traffic. Read more…
Sunday
15
APR

<裏面の京都へ>京都"迷所"巡礼 第二番 ~東山・五条・六波羅編~

12:00
14:30
京都まほろばツアーズ
Event organized by 京都まほろばツアーズ

Get Directions

Category
#var:page_name# cover

【京都迷所巡礼 第二番】

古寺の甍・壮麗にして豊かな文化・四季の彩は春の桜に秋は紅葉…伝統と歴史に育まれた美しい街・京都。

しかし、今も昔も歴史には「明」と「暗」が、人の営みには必ず「表」があれば「裏」もあるのです。裏切りに無念の遺恨を残し、志を追うも道半ばにして斃れ、美しい花をめでることなく涙をのみ、戦いに敗れ消えていった人々の思いが、時に美しい散り初めの桜の花弁のように、また深く淀んだ水底の澱のように降り積もる場所…それが1200年の都・京都の「暗」であり「裏」なのです。

そんな美しい花びらを、淀みの底に沈む澱を、この街中に拾い歩いてみませんか。そこには「怪異」な「心霊スポット」の向こうにある、悲しい歴史や一途な人々のお思いが浮かび上がってきます。
さぁ京都「迷所」巡礼の始まりです!


【東山は五条、六波羅】
あの世とこの世の境の地「六波羅」あまたの歴史の舞台にしていまだ謎多きミステリースポット。そんな六波羅を中心に、鴨川にかかる松原橋に秘められた謎から、六波羅の歴史、ミステリー、そして近年まで独特な空間を保持してきた五条楽園。歴史の光と影、明と暗、澱みに沈む花弁を拾い集めてみませんか?

・『高瀬舟』に描かれた悲しみ…涙で濡れた地蔵は今もなお高瀬川を見つめる
・松原橋の出会い?あの伝説の地はいったいどこ?
・京都の地図の謎…ここはどこ?あそこはどこ?通りの謎が解き明かされる
・冥界への入り口?ここがあの世とこの世の境だった?なぜそんな場所がここに…
・盛者必衰!「六波羅」という地にまつわる歴史を見た!
・白拍子の悲恋!琴の調べは愛の調べ…愛が奏でる音色はいずこ
・幽霊が子育て!?なんともおどろおどろしい名のその飴が持つ伝説は?
・地獄の貴公子の通い路!…嵯峨天皇をも唸らせたあの男はいずこへ
・花街の記憶…舞妓さんに会える街。地名の由来の川はどこに?
・あの武将もここで散った!歴史の主人公が露と消えた地は今は静かに横たわる
・「楽園」の追憶…今や昔、わずかな時の流れが紡ぐ。現代の迷所は永遠に
・橋の袂は僕らの思い出!〇〇○の街で始まった小さな小さなお店、世界へ羽ばたく!
・無念!大坂夏の陣に散ったあの人物が眠る場所…

年の瀬を前にこの「迷所」を巡りませんか?あなたの知らなかった京都、歴史があなたを新たな世界へ誘います…

集合:四条木屋町南側(阪急河原町駅木屋町口南側)
解散:京阪清水五条駅付近(阪急河原町まではご同行させていただきます)
料金:2,000円(高校生以下は1,000円)
時間:約2時間半を予定
雨天決行。最少催行人数2名。

お申込み方法:
Facebookの「予約する」をクリックして必要項目を記入していただくか、ホームページのお申込みフォームからお願いします。
(Facebookの「参加予定」「興味あり」をクリックしただけではお申込みになりません。必ず「予約する」「チケット情報」からフォームに入力して下さい。また当日のお申込みの場合は必ずFacebookのメッセージか、メールにてご連絡いただき、こちらからの折り返しを持ってお申込みが完了いたします。お申込みの完了・受け付けなしでの現地での飛び込み参加は現在おこなっておりません)

※お申込みは開催時刻の2時間前までにお願いします。

最少催行人数:2名
※旅行業法に基づく最少催行人数が設定されているツアーですのでお申込みはなるべく前日までにお願いします。最少催行人数に達しない場合はツアーは中止となる場合があります。当日参加希望の方も開始2時間前までにメールなどでご連絡下さい。