We use cookies to personalise content and ads, to provide social media features and to analyse our traffic. Read more…
Saturday
23
JUN

3年目までに知っておきたい!脊柱疾患に対する評価とアプローチ

10:00
16:00

Get Directions

Category
#var:page_name# cover

腰背部の症状に対して
マッサージしか出来ていないと
感じているセラピストへ


疾患別の臨床症状を把握
評価からその解釈
治療の流れを学ぶ2日間

 
「私の腰痛は治らないよね…」

そう言われる患者さんへ自信を持ってアプローチする

 
このセミナーでは、
•腰背部の症状に対応するための臨床的な考え方を身に付けることが出来ます。
•症状の原因を追究し、患者さんへ自信を持って説明することが出来るようになります。
•それぞれの症状と全身との繋がりを把握できるようなります。
•腰背部治療のための5つの具体的なアプローチを学ぶことができます。

 
[ 講 義 構 成 ]

1日目:
•脊柱疾患総論(椎間板ヘルニア、腰椎分離症(すべり症)、脊柱管狭窄症について)
•症状を有する人の共通点とは?
•脊柱評価(各制限因子の選別、弾性テスト)実技
•骨盤評価(下肢との連動による安定性の評価)

2日目:
•脊柱に対する骨格テクニック
•腹部に対する筋膜テクニック
•腸腰筋に対する筋膜テクニック
•骨盤隔膜に対するリリーステクニック
•仙腸関節に対するポジショニングテクニック

 
[ 講 習 会 詳 細 ]

*こちらの新人向けプログラムは、少しでも新人の方に結果を出す素晴らしさをお伝えする為に、他IAIR講習プログラムと比較して安価にて提供させて頂いております。
 
 
日 時:2018年6月23、6月24日(土日) 10:00~16:00
会 場:福岡県立ももち文化センター
受講料:21,600円(税込) (2日間)
1日目のみ 10,800円(税込)
※1日目のみの受講は、B-class(旧Basic1.2)コース終了もしくは終了予定の方に限らせて頂きます。

対 象 :理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
定 員 :30名(先着順)
返金保証:講義の内容に不満がある場合は無条件で全額返金いたします。

 
講 師:福留良尚(国際統合リハビリテーション協会理事)

紹介:理学療法士として総合病院に10年勤務、急性期から生活期まで脳卒中、運動器、内科、小児、訪問と多岐にわたるリハビリテーションに携わる。セラピストの技術は「予防」の分野でも活かせることを確信し、独立。独立後2年半で300人を超える一般人の施術を行い、コンディショニングのための常連客が絶えない店舗を運営している。また、地域での講演活動も精力的に行い、子育て支援事業や行政から依頼され毎年講演を開催している。独立を機に国際統合リハビリテーション協会九州地区マネージャーとして活動を開始し、述べ300人を超えるPT・OT・STの前で教鞭を振るう。現在は、国際統合リハビリテーション協会理事として、協会運営に携わりながら、日々の臨床に励んでいる。

【主な研修履歴】
•IAIRライセンスコースB-class・A-class・S-class修了(認定Advanceインストラクター)
•ボバースコンセプトBasic・Advanceコース修了
•Parisアプローチ脊柱編・四肢編・筋膜編修了
•運動器系体表解剖セミナー10Days修了 その他

 
※【臨床の解釈】いずれかの講義に参加されますと、【IAIR B-classライセンスコース】受講費10,000円割引が適応されます。詳細は当日スタッフより