We use cookies to personalise content and ads, to provide social media features and to analyse our traffic. Read more…
Saturday
26
MAY

小野幹 写真展「昭和のしおがま」ギャラリートーク

11:00
12:00
塩竈市杉村惇美術館
Event organized by 塩竈市杉村惇美術館

Get Directions

Category
#var:page_name# cover

 塩竈における昭和20〜40年代のまちの写真やエピソードを収集するプログラム「まちのきおくをあつめる、かたる」。これまで、市民が撮影した暮らしや町並み、お祭行事、鉄道のある風景などの写真を展示しながら思い出やエピソードを集めてきました。
今回は、東北の人々の暮らしを長年に渡り撮影している写真家・小野幹氏により撮りおさめられた塩竈の写真を展示します。
小野氏は、昭和20年代から、たびたび塩竈に足を運び、塩竈の町並みや人々の姿を数多く撮影しています。水揚げで活気ある市場の様子、人で溢れかえる船着き場。頬っ被りした働く女性たち、線路で遊ぶこどもたち、リヤカーを引く男たち。そして路上に散らばる魚。それらの写真からは、当時の騒々しい音やにおいまで活き活きと感じられるようです。
同時代を生きてきた人にとって懐かしいだけでなく、文字資料では味わえない臨場感ある当時の様子を皆さまに広くお楽しみいただけることでしょう。

ギャッリートークでは、写真家・小野幹氏が昭和20〜40年代の塩竈の様子を語ります。
観覧料でご参加いただけます。

展覧会期間
2018年5月3日(祝木)〜6月3日(日)
10時〜17時(入館受付16時30分まで) 月曜休館
塩竈市杉村惇美術館 企画展示室1・2

展示観覧料(写真展+常設展セット)
一般200円 高校生100円 メンバーシップ無料
団体(20人以上)一般160円 高校生80円 ※いずれも中学生以下無料