We use cookies to personalise content and ads, to provide social media features and to analyse our traffic. Read more…
Saturday
07
APR

セルゲイ・チョーバン建築ドローイング展「凍てついた音楽の夢」

11:00
18:30

Get Directions

Category
#var:page_name# cover

セルゲイ・チョーバン氏来日!
アーティストトーク&書籍サイン会
4月7日(土)15時より東京アートミュージアムにて開催
(16時半終了予定)

建築家そしてアーティストでもあるセルゲイ・チョーバン氏、日本初公開の展覧会です。4月7日オープニング当日は15時よりチョーバン氏とキュレーター、ヤン・フィリップフルーゾルゲ氏によるアーティストトークおよび書籍サイン会を開催いたします!
貴重なチャンスをどうぞお見逃しなく!


Sergei Tchoban in Japan!
Artist Talk & Book signing Event
7th of April (sat) from 15:00 at Tokyo Art Museum
(until 16:30)

Architect and Artist Sergei Tchoban's first Exhibition in Tokyo, Japan.
On 7th of April from 15:00 there will be the Artist Talk by Sergei Tchoban and Curator Jan-philipp Frühsorge, followed by a book signing Event ! Don't miss the Chance!

【セルゲイ・チョーバン】
1962年旧ソビエト連邦レニングラードに生まれ、連邦下で教育を受けましたが連邦崩壊直後の1991年ドイツにわたり、ドイツ国籍を取得します。そして今日、ハンブルグ、ベルリンそしてドレスデンにチョーバン・フォス建築事務所を構えるに至ります。また建築家としてばかりでなく、複数回にわたりヴェネチアビエンナーレ国際建築展ロシア館でのキュレータを務めるなど、建築と芸術分野で様々な活動を行っています。
今回の東京アートミュージアムでのプロジェクト「凍てついた音楽の夢」は、チョーバン氏の最新作建築ドローイングを含む30点を公開する日本初の展覧会となります。これらの作品群はプランニングのための「古典的」な建築設計図面ではなく、自由な発想に基づいた「建築的ファンタジー」ドローイングとなります。その芸術的アプローチには時代を超えた、タイムレスな輝きがあります。そして超現実的な世界観を持っています。
チョーバン氏は2016年、越前市在住の人間国宝、第九代岩野市兵衛氏による生漉き奉書紙に出会います。そして今回の日本初展示に向け、日本文化への敬意を表すべく、この特別な和紙を用いて作品を制作いたしました。また、創設したベルリンの建築ドローイング美術館においては日本のアニメ「パトレイバー」や「イノセン
ト」で描かれたユニークな都市風景の原画展を開催したということも言及させていただきます。

【Sergei Tchoban】
Born in 1962 in Leningrad, he studied first in the Soviet Union then moved in 1992 to Germany and has now become a German citizen. Today he runs architectural offices in Hamburg, Berlin and Dresden under the name Tchoban Voss Architects. He is co-editor of the architectural magazine speech and has been curator of the Russian pavilion at the Architectural Biennale in Venice.
The exhibition project Dreams of Frozen Music at the Tokyo Art Museum in Sengawa will present about 30 drawings from the last couple of years from the architect. These works are not meant to
be “ the typical drafts” for architectural projects. No building is ever being built according to them,they rather can be seen as “free architectural fantasies“. Tchoban’s esthetic approach, his visual
language and his artistic means seem not to be contemporary but rather timeless.
For many years has Sergei been interested in Japanese culture admiring the classical ukiyo-e artists like Hokusai and Hiroshige and the art of paper-making .T create his drawings he would use among other papers handmade Washi from one of the most famous papermakers, Iwano Ichibei IX from Echizen.
But Sergei Tchoban has also an interest in more recent
phenomena of Japanese culture.In 2016 there was an exhibition at the museum for architectural drawings, founded and designed by him in 2013 in Berlin, about architecture as a key element in anime films such as in the Oshii masterpiece Ghost in the shell.