We use cookies to personalise content and ads, to provide social media features and to analyse our traffic. Read more…
Friday
13
APR

<33lfアート倶楽部>第2回倶楽部活動「Art Thinking」 〜アートシンキングビジネスを、感性と論理の交差点で考える〜

19:00
21:40
エコッツェリア
Event organized by エコッツェリア

Get Directions

Category
#var:page_name# cover

3×3Lab Futureに集う個人会員の皆様が主役となり、アイディアをプロジェクトやビジネスとして具現化させるための前段階として「倶楽部活動」制度が立ち上がりました。現在、写真部、アート部、カラオケ部など、3×3Lab Futureでの出逢いをきっかけに様々な活動が生まれています。

アート倶楽部では、アートの魅力や可能性を体感する場を3×3Lab Futureに作り、そこから新しいプロジェクトやビジネスを生むことを目指しています。今回は「Art Thinking 〜アートシンキング。ビジネスを、感性と論理の交差点で考える〜」と題して、アートの世界とビジネスの世界の“ブリッジ”を、参加者皆さんと楽しんでみたいと思います。
皆さんは日常生活の中で、
「う〜ん、理屈は分かるんだけど、なんかこう、グッとこないんだよねぇ〜」
といった場面に出会う事はありませんか。そんな時のアートシンキング!なのです。
ゲストには、ビジネスの分野でも大活躍中のデザイナー、松本さんをお迎えして、目から鱗のインプットトークをしていただき、その後、身の回りにある「課題(お題)」を“アートリューション”するワークショップを行います。「え? “アートリューション”って何?」とお思いの方。そうです、今回のアート部では、アートシンキングの実践をアート×ソリューション“アートリューション”と名付けて、参加者皆さんと一緒にお試ししてみようと思っています。
 アートに興味がある方は勿論、アートにこれまであまり魅力を感じなかった方、ビジネスにノリノリの方や、逆に行き詰まり感のある方。このイベントタイトルが少しでも気になりましたら、ぜひぜひ、ご参加ください!

<日時>
2018年4月13日(金)
19:00~21:40(受付18:30~)*交流会含む

<場所>
3×3Lab Futureコミュニケーションゾーン

<プログラム(流れ)>
19:00 オープニング
19:15 松本さん インプットトーク
20:00 ”アートリューション” ワークショップ
20:55 クロージング
21:00 交流会
21:40 終了

<ゲストプロフィール>

1985年宮崎県生まれ。コイニー株式会社リードデザイナー。阿佐ヶ谷美術専門学校にてアート・デザインについて学んだ後、広告制作会社にて大手クライアントのグラフィック、ウェブ、アプリのデザインなどに幅広く携わる。より良いデザインを創り出すことが出来る企業そのものから作りたいという想いから、2012年コイニー創業時にデザイナーとして参画。企業のビジョンづくりからコミュニケーション戦略、アプリ、紙のマニュアルなどの細部に至るまで、サービス全体で一気通貫した体験のデザインを行う。2018年にコイニー社とストアーズ・ドット・ジェーピー社との企業統合に伴い設立されたヘイ株式会社のCIなども担当。個人としても複数のウェブサービスのスタートアップに参画しながら、ビジネス・開発なども含めて幅広い領域に携わっている。

<費用>
社会人 2,000円(交流会費込)
学生 0円(熱心な学生の参加歓迎!)

<主催>
 阿佐ヶ谷学園・寺子屋プロジェクト
 合同会社志事創業社(Age100.ing)

<大事な追記>
松本さんから、事前にメッセージいただいています。ハイライト(抜粋)を少々。

***************************
アートとひとくちにいっても様々なジャンル・捉え方があるのでどこを基点にするかで得られる発想のヒントも変わってきそうな感じですね。
パッと思い浮かんだイメージとしては、アートが持つ批判精神、あるべき姿を構想する力、物語性、問いを立てることなど、アーティストがどのように考えてきたかを読み解き、
それらを基点に発想のヒントを一緒に考えていけると良いのではないかと思いました。

「ビジネスにおけるアート = 美学・物語性・構想力」という捉え方で考えていけると良いかなと考えております。

「なぜ存在するのか、どうあるべきか」といった企業のビジョンづくりから、実際のサービス・製品の体験デザイン・ビジュアルまで携わってきた経験を通じて、ビジネスにおいてアート的な思考が一貫することで、PR・採用・製品すべてにおいて良い影響をもたらすことができると考えています。
***************************
もっと聴きたい、語りたい、という方は、4月13日、会場まで!!