We use cookies to personalise content and ads, to provide social media features and to analyse our traffic. Read more…
Thursday
19
APR

第10回:飛騨の味食堂

10:00
12:30
Fresh Lab. Takayama
Event organized by Fresh Lab. Takayama

Get Directions

Category
#var:page_name# cover

BLESSで出版された「そことこ、うちとこ、飛騨の味」
その本で調理をした飛騨のかかさまたちが実際に飛騨の家庭料理を教えてくれます!
料理はもちろん、かかさまたちとのトークがまた面白い!
料理に関する事以外でも色々な話が聞けますよ。

4月19日(木)10:00〜12:30
参加費:大人1500円、小学生以下500円、2才未満無料
持ち物:エプロン、筆記用具、(持ち帰り用容器)

〜menu〜
・煮豆
うずら豆やあずき、大豆を使った煮豆はふんわりと甘い味付けのものが一般的ですが、飛騨の大豆の煮豆は歯ごたえとしわが特徴です。ゆでた大豆に砂糖をたくさん入れ、じっくり煮つめると薄い皮にしわを生じます。一度にたくさん作って冷凍しておけば、日持ちがするので常備菜として活躍します。

・山菜の天ぷら
四月の声を聞くと、飛騨は春祭りの季節。このころから食卓を彩り始める山菜には、あぜや野山などで摘んできた、よもぎやあずきな、ふきのとうなどが代表的ですが、山から採ってくる、たらの芽やこんてつ、うどなど多彩です。
ほとんどの山菜は天ぷらにすることで、香りも豊かに短い春を演出してくれます。五月上旬の祭りのころには、さまざまな山菜が出そろうことから、そのころの祭り料理は、山菜中心になります。ゆでたり水にさらしたり、炒めたりと、アク抜きに手間がかかりますが、この季節ならではの味を楽しむことができます。

・げんこつ
きな粉と水あめと黒粉砂糖があればフライパン一つで簡単に作れるげんこつは、低温でじっくり取り組むのがコツ。延ばすのは粘土細工のようで、作業は子どもたちのほうが得意かもしれません。甘々棒と違って冷めても硬くならないので、歯の丈夫でない人も食べられます。
・他2品

下記URLからお申し込みできます
http://fresh-lab.jp/archives/event/180320kakasama-2?event_date=1524132000

※注意事項※ご予約内容の変更、キャンセルは開催日の48時間前までに連絡をお願いします。それ以降のキャンセルはキャンセル料が発生します。
*当日材料等の都合により、メニューが一部変更になる場合がございます。