We use cookies to personalise content and ads, to provide social media features and to analyse our traffic. Read more…
Tuesday
24
APR

Floral Fruity 2018 -インド音楽×タップダンス

17:00
22:00
hako gallery
Event organized by hako gallery

Get Directions

Category
#var:page_name# cover

日時  2018 4/24(wed)

17:00 カフェオープン
20:00 ライブスタート

料金  前売:3000円(1ドリンク付き)
当日:3500円(1ドリンク付き)

予約先 hako@ai.wakwak.com
090.3248.9692

Food Samosa wala Timoke
(サモサ、カレー)


Floral Fruity
年に一度 日本の春にかぐわしい花の香りとともに出現するband “Floral Frutiy”。北インド古典
楽器 サントゥール、タブラ、サロード & タップダンス。日本・海外でそれぞれ独自の音楽活動を
続けるメンツが集まり、共鳴しあい、幾度かのセッションを重ね、バンドとして始動。インドの 古典音楽スタイルをベースに、アンビエント、テクノ、エレクトロ、ジャズ等々の要素をごっ煮、 進化中。めざすところは、唯一無二のボーダレスダンスミュージック & 春の風物詩。インド古典 楽器+タップダンス=Floral Frutiy。必見必聴の価値アリ!
◎SARO
さろ/タップダンサー:ソロワークをはじめタップを音楽として多数のバンドに所属。他、振り付け、演出、モデルで活動。9 才でタップダンスに出会い、10 代後半までシアタースタイルタップ を宇海光耀に師事、ジュニアタップダンサーとして舞台テレビ等で活躍。のちに、パーカッシブ なリズムスタイルに出会い、オリジナルで音楽的なタップを目指し、日本、NY、インド、オーストラリアなどで学び、より音楽的でコミカルなタップスタイルを確立。ジャンルを問わず、国内外のアーティストとコラボレーションしてる。
◎新井孝弘
あらい・たかひろ/サントゥール奏者 :ドラマーとして数々のバンドでの活動を経たのち、05 年より宮下節雄氏にサントゥールを師事。07 年よりインドに渡り、世界最高のサントゥール奏者  Pt.Shivkumar Sharma氏に師事。09 年よりインド国内でデビュー、コンサート活動を開始。ムンバイ、ボパール、チェンナイなどインド各地で公演。12 年インドの著名な声楽家Pt.Jasraj よりCross Cultural Understanding Awardを授与される。現在もムンバイに在住。
◎吉田 元
よしだ はじめ/タブラ奏者:1979 年生まれ。 2005 年タブラと出会い翌年渡印。 コルカタ ファルカバートガラナ(流派)シュモントチャタルジー氏に師事。 日本国内や海外でも演奏の場を広げ音楽の可能性を広げている。
◎平川 麦
ひらかわ・ばく/サロード奏者:2003 年渡印。コルカタでサロードを始める。2005 年よりサロード奏者Pt.Tejendra Narayan Majumdar 氏に師事する。2006年より10 月コルカタに移住し北 インド古典音楽とサロードを修練する。2009 年6 月帰国。現在、北インド古典音楽の修練はもちろんサロード、そして自身の音楽の鍛錬・発展・進化・ジャンルレス化を構築しつつ様々なアーティストとのライブセッションワークに参加し活動中。
http://www.facebook.com/baku.hirakawa

◎Samosa wala Timoke
季節の巡りに沿った旬の野菜や豆で作るインドのスナック・サモサの出店販売を中心に野菜料理 のケータリング活動を行う
http://tidaaaa.exblog.jp

Venue

hako gallery