We use cookies to personalise content and ads, to provide social media features and to analyse our traffic. Read more…
Friday
13
APR

森本愛子個展 Aiko Morimoto solo exhibition

12:00
18:00
Roentgenwerke AG
Event organized by Roentgenwerke AG

Get Directions

Category
#var:page_name# cover

この度、馬喰町ラディウムにおいて、下記の通り展覧会を開催致します。ご高覧いただき、ご高配賜れますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

Roentgenwerke AG is pleased to announce the Aiko MORIMOTO solo exhibition. We look forward to your visit to this exhibition.


■Exhibition: Aiko MORIMOTO solo exhibition
■Artist: Aiko MORIMOTO
■Date: Apr.13 (Fri.) – May 6 (Sun.), 2018
■Opening Hours: 12:00-18:00
☆☆☆☆Opening Party☆☆☆☆
Apr.13 (Fri.) 19:00~
produced by 「Mako’s Creative Kitchen」
https://www.facebook.com/MakoCreativeKitchen/
■Close: Wed. & Thur.
■Radi-um von Rögenwerke AG
http://roentgenwerke.com
2-5-17 Nihonbashi Bakurocho
Chuo-ku Tokio 103-0002 Japan
tel./fax.:+81- [0]3-3662-2666

■展覧会名 : 森本愛子個展
■出展作家:森本愛子
■会期:2018年4月13日(金)~ 5月6日(日)
close 水・木曜日
■営業時間:12:00-18:00
■会場:ラディウムーレントゲンヴェルケ
  東京都中央区日本橋馬喰町2-5-17
■tel/fax:03-3662-2666
■URL:http://www.roentgenwerke.com/
■mail:info@roentgenwerke.com

☆☆☆☆オープニング・パーティ☆☆☆☆
2018年4月13日(金)19:00~
皆様のお越しをお待ちしております。
produced by 「Makoのクリエイティブキッチン」
https://www.facebook.com/MakoCreativeKitchen/


【展覧会開催に向けて】

森本愛子は、天然の顔料や素材にこだわって制作を続けてきた。それは、彼女が大学院で保存修復を学ぶ以前から取り組んでいる古典絵画の技法によるものであり、それぞれが自然から与えられた素材感は、彼女の表現を支える一部となっている。

森本は、人工物である文様と、自然物である動植物や人、さらに器物などを組み合わせ、新しい構造をもつ絵画を創り出すことを制作のコンセプトに掲げる。古くからテキスタイルや工芸品に用いられてきた文様に、絵画的構造を見出し、それを自らの制作に取り入れることによって、新しい物の見方を表現したいと考えている。

彼女は創作の源流をひとつのジャンルに求めるのでなく、広くアジアで長きにわたって培われてきた平面表現の要素を取り出す。さらに、見た目のリアリティを追及する一点透視図法や、陰影を駆使する西洋の伝統的絵画とは異なり、独自の構造をもつ絵画に挑戦しているのだ。日本画の材料を使用しながらも、森本の作品はそのジャンルにカテゴライズされるものではない。

森本の作品には、どこか奇妙さが漂っている。初見ではわからない、その入り口をつかむことで、ものの見事に当たり前に見えていた世界が歪み、動き出す不思議な感覚を得ることができるだろう。

レントゲンヴェルケ

Aiko MORIMOTO is adamant about using natural pigments and materials.
It is based on the technique of classical painting which she is working on before she studied the Conservation at the graduate school, and each texture given from nature materials is a part supporting her expression.

She hopes to represent a new perspective by finding a painting structure in a pattern that has been used for textiles and crafts since ancient times and incorporating it into her own work.

She takes out elements of the two-dimensional expression form that has been cultivated over the years in Asia.

MORIMOTO explores different expressions than single point perspectives that pursue visual reality and traditional Western paintings that make use of shadows. She is challenging paintings with its own structure. Although she use materials of NIHON-GA, her work is not categorized into that genre.

You would feel something strange in Morimoto's works. By finding its entrance that you do not understand at first, you will be able to see a strange world of distortion and movement.