We use cookies to personalise content and ads, to provide social media features and to analyse our traffic. Read more…
Saturday
07
APR

チェーホフ「熊」をめぐる2つの作品

15:00
16:30
Dainanagekijo
Event organized by Dainanagekijo

Get Directions

Category
#var:page_name# cover

Théâtre de Belleville 18春シーズンプログラム

地域新進演劇人育成事業
クリエイティブ・レジデンス 2018【三重/広島】
チェーホフ「熊」をめぐる2つの作品

➤ 開演日時

三重公演 @Théâtre de Belleville
4月7日(土)15:00/19:00、8日(日)15:00

広島公演 @山小屋シアター
4月13日(金)19:30、14日(土)14:00/19:30、15日(日)14:00

広島公演詳細はこちら。
https://www.facebook.com/events/2270858196265046/

※受付開始は開演の1時間前、開場は30分前から
※2作品連続上演:約100分(途中休憩あり)

地域で演劇活動をする若手の育成を目的としたプロジェクト。今年は広島と連携して、三重、広島両地域に滞在しながら、若手を中心としたチームで、ロシアのチェーホフが書いた名作短編戯曲「熊」を原作に2つの作品を両地域で製作し、両地域で上演。

▋三重製作「熊」
原作:チェーホフ
構成・演出・美術: 鳴海 康平(第七劇場) 
出演: 坂田 光平・ 宮地 綾(以上広島より)・ 三浦 真樹(第七劇場)

▋広島製作「ポラリス〜チェーホフ「熊」より〜」
原作:チェーホフ
翻案・脚色・演出: 藤井 友紀
出演: 阪本 麻紀( 烏丸ストロークロック)・ 山田 めい(変劇団)・菊原真結 Mayu Kikuhara(第七劇場)

【原作「熊」について】
ロシアの作家アントン・チェーホフが書いた一幕短編戯曲。若くて美しい勝ち気な未亡人のもとを、田舎者でがさつな男が借金の取り立てに訪れる。今日は手元に支払えるものがないから明後日に来てほしいという未亡人に、今日中に返してもらわなければ困ると迫る男。軽妙に、だんだんと激しさを増していく二人の駆け引きは思いも寄らぬ結末に。

➤ 料金(三重公演):
一般2,000円、美里割1,000円、
25歳以下500円、18歳以下無料

※日時指定・全席自由
※美里割=美里在住、在学、在勤者対象(当日証明できるものをご提示ください)
※受付開始は開演の1時間前、開場は30分前から。
※津あけぼの座劇場支援会員対象公演

/

Théâtre de Belleville 2018 春シーズンプログラム
http://theatre-de-belleville.tumblr.com/post/171438769321/18pr-info

主催:Théâtre de Belleville・合同会社 第七劇場
協力:特定非営利活動法人パフォーミングアーツネットワークみえ
後援:津市