We use cookies to personalise content and ads, to provide social media features and to analyse our traffic. Read more…
Tuesday
10
APR

モバイルハウスは地方創生の鍵となり得るか トークイベント

19:00
22:00
Tsukuba Place Lab
Event organized by Tsukuba Place Lab

Get Directions

Category
#var:page_name# cover

北海道でmobiproというモバイルハウスプロジェクトを主催するCountryWorks 代表 岩本 淳兵くんが新たに挑戦するプロジェクトを引っ提げてTsukuba Place Labにやって来ます。

モバイルハウスとは移動可能な家のこと。
レンタルできて、どこにでも置ける。
うまくいかなければ別の場所に動かすこともできる。
ゆるくかつ挑戦的にチャレンジする人を後押しするモバイルハウス。

そんなモバイルハウスを使ってどんな面白いプロジェクトが出来るのか。3月末にリリースしたばかりのクラウドファンディングを引っ提げ、モバイルハウスの魅力を熱く語ります。


❏大歓迎な人
・地域でチャレンジしてみたい人
・北海道に遊びに行きたい人
・自然体験に興味がる人
・エコ、自然エネルギーに興味がある人
・小さな家に興味がある人
・コミュニティについて語り合いたい人
・まちづくりについて語り合いたい人
・地域に入り込んでいきたい人
・ローカルビジネスに興味がある人
・コミュニティデザインに興味がある人
・コト起こしに興味がある人
・イベントの企画運営に興味のある人
・…などなど!

❒日時
4月10日 (火) 19:00~22:00
19:00~ チェックイン (10min)
19:10~ 自己紹介&活動紹介 (30min)
19:40~ トークセッション (45min)
20:25~ Q&A (20min)
20:45~ チェックアウト (15min) 
21:00~ 懇親会 (60min)
~22:00 終了!

❒場所
Tsukuba Place Lab
つくば市天久保3-21-3 星谷ビル2-A
地図:https://goo.gl/O6eA10

❒参加費
1,000円 ※フード/ドリンク付

❏自己紹介
【岩本 淳兵 (Jumpei Iwamoto)】
1992年5月11日生まれ、長野県出身。
大学入学と同時に北海道に渡り、田舎の魅力に取りつかれる。
田舎,Country等の言葉を使いすぎる節がある。
大学3年次、田舎から日本を変えるをテーマに地域土着型サークル「いなかっぺ」を立ち上げ、本格的に田舎にのめり込む。その後、学生起業・挫折・海外逃亡を経て、2016年12月合同会社Country Works設立。田舎の伸び代を信じ、20代を田舎に捧げることを決めている。
学生インターン事業、農業人材紹介事業、トマトジュース事業、ギフトボックス事業等々紆余曲折し、ようやく辿り着いた、モバイルハウスのプロデュース事業を絶賛進行中。
・合同会社Country Works 代表
・mobipro(モバイルハウスプロジェクト) 主催者

【堀下 恭平 (Kyohei Horishita)】
1990年9月12日生まれ、熊本県出身。
旅と餃子とコーヒーが大好きな27歳。弱点はくせ毛。
大学入学を機につくばへ。大学2年次にコミュニティの拠点として学生カフェ創設にかかわったことからまちづくり分野に興味を持ち、下妻市や水戸市、横浜市などの商店街活性化にかかわった後、2年間京都に移住。関西を中心に行政計画策定に係るコンサルティングの仕事を始め、のちに起業。つくばに戻り大学生をしながら、2016年12月1日コワーキングプレイスTsukuba Place Labをオープンさせる。バックパッカーや地方移住をしていたせいで、ローカルビジネスを始める際にコミュニティがないことを痛感し困った経験もあります。「迷ったら全部やる」がモットーで「成功するまで続ければ失敗しない」が信念。
株式会社しびっくぱわー代表取締役社長
Tsukuba Place Lab代表
グリーンバードつくばリーダー